【筋トレ後の飲酒】筋肉に与えるお酒の影響とは?『雑感』人生を豊かにする筋トレ論

この記事にたどり着いた皆さんはおそらくお酒を愛するトレーニーですよね?

皆さんは筋トレ後にお酒を飲むかどうか迷っているということだと思います。

結論から言うと飲酒は筋肉の成長という面においては悪影響しかありません。

でも私は『筋トレ後でも飲むときは飲みます。』っていうか飲みたい時は飲むといったかんじでしょうか?

注:あくまで飲酒を進めているわけではないのでご了承下さい。(個人的な雑感です。)

お酒が筋肉に与える悪影響

  • コルチゾールの増加                              コルチゾールは副腎皮質から分泌されるホルモンの一種です。別名ストレスホルモンと呼ばれ人間がストレス下におかれると増加し、筋肉を分解しエネルギーにする作用があるとされています
  • テストステロンの減少                             筋タンパク合成(筋トレ後に筋肉を作り出す作用)を促す男性ホルモンの一種であるテストステロンを減少させてしまいます。                         
  • 筋タンパク合成の低下                             タンパク質は肝臓で分解され体の様々な部位に利用されます。飲酒により肝臓はアルコールの分解を優先させてしまい、筋たんぱくの合成を妨げるとされています。

飲酒は筋肉の成長を妨げる。                          筋肉のことだけ考えるといいことなさそうですね。

筋トレもお酒も人生を豊かにするツール

皆さんは何故お酒をのんだり筋トレしたり趣味に没頭したりするのでしょうか?

私は何かをすることで人生の充実感が増したり、ストレスがなくなったりといろいろなプラス要因があるからこそ自ら「行動」をするんだと思います。

当然お酒を飲むことだったり、筋トレもあてはまりますよね。

何か「行動」をすることは結局人生を何らかの手法で豊かにしたいということにつきると思います。

とある充実した休日
  • 筋トレ

    サウナ

    映画鑑賞

    ジンギスカンと『ビール』

    もうこんな1日を過ごせば「やってやった」感半端なくないですか?

私なら我慢して禁酒してストレス貯めるよりもこのやってやった感が最高ですね(笑)

多少の筋肉は犠牲にして人生の充実度を優先してしまいます。

当然飲みすぎは厳禁ですけどね。何事もほどほどです。

適正な飲酒量

飲酒賛成派の私でも当然量は考えますね。
厚生労働省では1日平均2ドリンク以下としているみたいですね。

参照:厚生労働省ホームページ(e-ヘルスネット)

ジンギスカンに生2杯飲めれば上等!!

休肝日も大事です。週2回は飲まない日を設けましょう。

大事なこと

結果的には自分が何を一番に考えているかではないでしょうか?

・筋肉の成長を人生のプライオリティとしている人は飲まないことが幸せ。

・充実度を優先させる人はたしなむ程度に。

いずれにせよ『筋トレ=禁酒』と決めつけないでなんでもほどほどにと考える余裕があった方が気が楽ですよね。

何事もバランスが一番といったところでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
筋トレ
たけまさをフォローする
EZ-BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました